【自動化によるネット収益化講座:第一章】レンタルサーバの準備




レンタルサーバってなに?

本講座においてサイトを公開したり、各種自動化プログラムを動かしたり、その他データを保管する際に利用する部分のことです。企業が運営するサーバの一部をレンタルすることができます。


独自ドメインを用いたブログの作り方についても派生記事で解説したいと思います。いずれにせよこのレンタルサーバは本講座を進めていく上で必須になりますのでぜひレンタルされることをお勧めします。

今回お勧めするレンタルサーバ

Xserverです。このサーバをお勧めする理由は以下のとおりです。

  • 本講座での自動化に必要な機能が全て揃っていて、プログラムの同時並行利用も可能
  • 安定した速度、信頼できるセキュリティが兼ね備わっている。
  • 自動バックアップ機能が搭載されている

他にもたくさんの理由があるのですが、一番上の理由が最も大きいです。僕はこの自動収益化をするために色んなレンタルサーバを渡り歩いてきましたが、最終的にXserverに落ち着きました。

このブログも「Xserver」上で動いています。

初期投資は惜しまないほうが良い

何にでも通ずることですが基本的に初期投資は惜しまないほうが良いです。長期的な目線で見てリターンが得られたら結果的には勝ちですよね。
ネットで稼ぐ事ができない人はこの初期投資までをもケチってしまう方が多いように感じます。本を買って(電子書籍でも同じ)勉強するのと同じことなのです。
それでは実際に登録へ進みましょう!

Xserverのレンタル方法徹底解説

PCにあまり慣れていない方は少しイメージがつかみづらいかもしれませんがそのうち慣れてきますよ。

まずはXserverにアクセス

https://www.xserver.ne.jp/

TOPページ右側の「お申込みはこちら」をクリック

サーバ新規お申込みをクリック

各種情報を入力する

※サーバIDは一度決めると変更不可なので慎重に決めてください

お申込内容の確認をクリック

内容を確認して問題なければ「お申し込みをする」をクリック

このような画面になれば申し込みは完了です

メールが届いていることを確認します

料金のお支払いへ

このままだと10日間しか使えませんので、正式版へグレードアップするために料金のお支払いをしましょう。
料金を支払う方法として、以下の4つがあります。

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニエンスストア
  • ペイジー

支払いは、「エックスサーバーのインフォパネルにログイン」→「料金のお支払い」から行ないます。

お疲れさまでした

次回からはいよいよ本格的に自動化のための構築を行っていきます。

記事で別途紹介しますが、今後の作業はFTPソフトがあればなお便利です。Winであれば「WinSCP」が、Macであれば「Cyberduck」が個人的に便利です。




【累計100部突破】続々売れてます!