MacのUSキーボードにおいて、日本語入力切り替えをCapslockで行う方法




先日Twitterにて僕の愛機(Mac Book Pro)を簡単に紹介しました。

 

MacBook Pro購入時に、無料オプションとしてUSキーボードへ変更が可能であり、僕はUSキーボードを使っています。



USキーボードとは?

USキーボードは以下の画像のようになっています。プログラミングをする人であれば割と馴染みがあるかもしれません。

USキーボードの特徴

  • キー中央にアルファベットが刻印されており、ひらがなも無く非常にスタイリッシュ
  • キー配列が理にかなっている( [ と ] が隣通しであるなど。JIS配列は上下)
  • キー配列が中央寄せになっている(JIS配列は左寄せ)
  • 日本語入力モードへの切替キーが無い

上記のように、基本的にUSキーボードはJISキーボードの上位互換であると僕は思っています。

しかし日本人にとって、最後の特徴「日本語入力モードへの切替キーが無い」が他のすべてのメリットを打ち消すほどのデメリットになりえます。

一応Macであれば「Ctrl + Space」で日本語入力モードにできるのですが、2つボタンを押さないといけないのはやや面倒くさいです。

 



CapsLockキーで日本語字入力モードに切り替える

そこで普段全くと行って使うことがないCapsLockキーのON/OFFで日本語入力モードの切り替えができるように設定してしまいましょう。

まずは「システム環境設定」を開きます。

次に「キーボード」を開きましょう。

「入力ソース」タブを選択。

「Caps Lockの動作」からオンの時「英字」を入力を選択。

これでCapsLockをOFFにしている時は日本語入力モード、ONにした時半角英数モードとなります。

Mac公式でこの機能が用意されてるなんて、いかにCapsLockの使いみちが無いかを物語っていますね…

以上、MacのUSキーボードに関するライフハックでした。




【累計100部突破】続々売れてます!