VPSの「階層の概念」と簡単な使い方を徹底解説!




この記事の内容はVPSに対してテキスト型接続が完了している前提です。

まだVPSを持っていないよという方は、以下の記事を参考に導入してください。

VPSの概念に関しては、Windows(Teraterm)でもMac(ターミナル)でも考え方は同じです。

ここではWindows(Teraterm)を例に取って解説したいと思います。

VPSに接続すると上記のような画面になっているかと思います。

この状態で pwd と入力してみてください。pwdは現在の階層を調べるコマンドです。入力すると、

/root

と表示されるかと思います。

これは、 現在 / の下の root という階層にいますよという言う意味です。

ただしそもそもプログラミング初心者にとって、階層という概念がわからないと思いますので説明します。



「階層」という概念をコマンドプロンプトを例に取り解説

階層の概念を説明するために、Windowsのコマンドプロンプトというアプリを使います。

TeratermはVPSを操作する時に使いますが、コマンドプロンプトはあなたのWindowsを操作する時に使うものです。

コマンドプロンプトの開き方

Windowsのあなたのデスクトップ上でまずは ウィンドウズボタンとRキーを同時押しして下さい。

すると「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されますので、「cmd」と入力してOKを押して下さい。

Teratermと似たような画面が表示されます。これを「コマンドプロンプト」といいます。

さて、上記の画像を見てみると

C:\User\ユーザ名

のように記載があるかと思いますが、これは

「Cドライブ」の下の「User」というフォルダの下の「ユーザ名」というフォルダ(階層)にいるよ

という意味です。

Cドライブなどはパソコンの基礎的な部分になるので、わからない方は調べてみて下さい。

さて、大抵の方はユーザ名フォルダの下にDesktopというフォルダがあります。このDesktopフォルダは、あなたのパソコンのデスクトップと等しいです。

コマンドプロンプト上でこのDesktopフォルダに移動してみましょう。

cd Desktop

と入力して下さい。cdは(change Directory)の頭文字を取ったコマンドで、ディレクトリを移動する際に用います。

上記の例だと、Desktopという階層に移動してねという命令を出していることになります。

実行すると上記画像のように、Desktopに移動したことがわかるかと思います。

この状態で、

dir

と入力して下さい。

これは、「現在の階層内のファイルをすべて表示するコマンド」です。

上記のように、デスクトップにおいてあるファイルの情報が表示されたでしょうか。

さて、賢いあなたはもう仕組みがわかってきた頃合いかと思います。

では試しにデスクトップに test というフォルダを作ってみて下さい。

フォルダの作り方はお分かりですよね。デスクトップ上で右クリック→新規作成→フォルダーで作成できます。

こんな感じです。

更にこのフォルダの中に、テキストファイルを作ってみましょう。名前は何でもいいです。

ここでは「中身なし.txt」というファイルを作りました。テキストドキュメントの作り方は、「右クリック→新規作成→テキストドキュメント」です。

さて、このフォルダやテキストドキュメントがちゃんと作られていることを、コマンドプロンプト上で先程の dir コマンドを使って確認してみましょう。

dir

現在のDesktopという階層でdirを実行すると、ご覧のようにtestフォルダが作られていることが確認できます。

このtestフォルダの中に「中身なし.txt」があるかどうかを確認してみましょう。

まずはtestフォルダの階層に移動する必要がありますよね。

cd test

で移動することができます。慣れてきましたね。

次に

dir

と入力することで今いるディレクトリの中身を確認できましたね。



コマンドプロンプトからファイルを作る

今までの解説では、ファイルの構成を見たりなど受動的な動作ばかりでしたが、実はコマンドプロンプトからファイルを作る能動的な動作 もできます。

先程の解説どおりに進めていれば、現在「C:\User\ユーザ名\test」の階層にいるはずですのでそのまま以下のコマンドを入力してみましょう。

echo TEST > test.txt

これは「TEST」という中身のtest.txtを作成するコマンドです。

testフォルダ内を見ると、ちゃんとファイルが作成されていますね。

中には先程指定した「TEST」が記載してあると思います。

このようにコマンドプロンプトを使えば、どんな操作でも簡単に実現することができちゃいます。

そしてこの記事の冒頭でも伝えたとおり、TeratermはコマンドプロンプトのVPS操作版ですので、この記事を理解できた方はVPSの概念を理解できたことに等しいです。

TeratermでVPSの階層操作

さて、ここからはVPSに頭を切り替えていきましょう。

記事冒頭の解説で、VPSにログイン後は /root のフォルダ(階層)にいるはずであるとお伝えしました。

実はWindowsをコマンドプロンプトで操作するときと、VPSをTeratermで操作するときは、同じ目的でも使用するコマンドが異なります。

例えば、現在いる階層のファイルを閲覧したい時、コマンドプロンプトでは

dir

と打ちましたが、Teratermでは

ls

と打つ必要があります。実際に打ってみましょう。

上記のように /root 配下のファイル名が表示されました。

次にフォルダを作ってみましょう。フォルダを作るときは以下のコマンドを使います。

mkdir test

mkdirは make directory の略です。そのままですね。

これでテストというフォルダが作られます。lsコマンドで確認してみましょう。

testというフォルダが作成できていることが確認できましたね。



まとめ

今回の記事では、VPSを活用する上で大切な「階層」の概念について、Windowsのコマンドプロンプトを例に解説しました。

ご理解いただけたでしょうか?

次回は、マウスを使ったVPSの操作方法について詳しく解説したいと思います。




【累計100部突破】続々売れてます!