VPSに接続する方法解説(テキスト型接続編)




VPSを無事手に入れることができたら、早速接続してみましょう。まだ手に入れていない方は以下の記事を参考に導入してくださいね。

VPSに接続する方法は2種類ある

VPSに接続する方法は、「テキスト型(CUI型)」「ビジュアル型(GUI型)」の2種類があります。今回の記事ではテキスト型の接続のみを紹介します。

文字通りテキスト型の接続では、テキストをベースとした接続を行いVPSの操作を実施します。

テキスト型接続はアプリケーションを使って行うのですが、Windowsを使っている人とMacを使っている人では使うアプリケーションが異なりますので以下解説します。

Windowsの人:TeratermでVPSに接続

Windowsの人はTeratermと呼ばれるアプリケーションを使います。無料ですので、以下の手順に沿ってインストールしましょう。

■Teratermのインストール方法

①右のリンクへアクセス 窓の社 – Teraterm

②Teraterm 通常版をダウンロード

③すべての設定をデフォルトのまま(何も触らず)、インストールを完了させる。

④デスクトップに Teraterm のアイコンが表示されていれば完了。

これにてTeratermのインストールは完了です。さて、TeratermからVPSに接続するには、VPSに入るための鍵が必要となりますので、その鍵を手に入れましょう。

■VPSに接続するための鍵の入手方法

①Conoha VPSにアクセスして、ログインする

②左側のタブから セキュリティ – SSH Key をクリック。

③パプリックキーをクリック

④すべての設定はそのままで、右下の保存をクリックして好きな場所に保存。(ネームタグはわかりやすい名前に変えても良いです)

■Teratermを使ってVPSに接続してみる

①Teratermを起動。以下の画像のような画面が出てくると思います。

この 192.168.100.1 の部分をあなたのVPSのIPアドレスに変える必要があります。

②あなたのIPアドレスの調べ方は以下の通り。

上図を参考に、VPS名の欄の詳細情報をクリック。

赤枠で囲んだ部分にIPアドレスが記載してあります。

③IPアドレスを正しく入力して OK を押すと、次に以下の画面に遷移します。

ユーザ名:root
パスフレーズ:あなたが設定したパスワード

を入力して、RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使うにチェック。
先程手に入れた鍵を選択してOKを押しましょう。

上記のような画面になったら接続が成功しています!
接続したあとの操作方法や、画面の意味などについては別途記事で詳しく説明します。

Macの人:最初からインストールされているターミナルでVPSに接続

Macの人は特に新しくアプリケーションをインストールする必要はなく、最初から入っているターミナルと呼ばれるものを使うことでテキスト型の接続ができます。

■ターミナルでVPSに接続する方法

①まずはターミナルを開きます。特に何も触っていないければ、4本指で閉じるようにトラックパッドを触ると出てくる画面の中にターミナルというものがあるかと思います。

 

②ターミナルを開くことができたら、以下のコマンドを入力しましょう。

ssh 192.168.100.1 -l root -i /Users/yunon/conoha.pem

※赤字の部分は人によって異なります。あなたのVPSのIPアドレスと、VPSにつなぐための鍵の場所を指定してあげましょう。IPアドレスの確認と鍵の入手方法については、この記事のWindows編手順を参考にしてください。

上記コマンドを入力してエンターを押すと、VPSに接続することができます。

鍵を作る時にパスワードを設定している場合は、パスワードを聞かれるので入力してください。

以上、VPSにテキスト型接続する方法解説でした。




【累計100部突破】続々売れてます!