仮想通貨のAirdropって何?実際儲かるの?といったギモンにお答えします!




Airdropについて

Airdropとは

仮想通貨を無料でもらうことができる仕組みのことです。基本的にはマイイーサウォレットのETHアドレスなどを配布者側に提示することで貰うことができます。

ゆろる
「タダより高いものはない」ということわざがあるように、正直怪しいと思いますよね。僕もそう思ってたのですが、調べていくうちに理にかなった仕組みであることが分かりました。
 

配布側にもメリットがある

 

受け取り側は無料で仮想通貨がもらえるという事でメリットは一目瞭然ですが、配布側にもメリットがあります。
 

それは、「通貨をたくさんの人に保有してもらうことによる流動性向上」と「宣伝効果」です。実は配布側と受け取り側でWin-Winの関係になっているんですね。
 

配布側的には、多額の広告料を払って宣伝するよりも、Airdropという選択をすることにより、より低コストで宣伝することができるわけです。
 




 

Airdropは儲かるの?

 

正直に言うと、儲かります。私のブログの読者層は原資が少ない方が多いと思うのですが、特にそういった方こそAirdropには積極的に参加するべきです。
 


 

ただし、危険なAirdropもある

 
Airdropには、安全なAirdrop危険なAirdropがあります。どこで見分けるかというと、「秘密鍵を要求してくるかどうか」です。
 

受け取り側としては、通貨を受け取るだけでいいので受け取りアドレスだけで良いはずなのに、なぜかマイイーサウォレットを開く秘密鍵を要求してくるAirdropは間違いなくアウトです。
 

もちろん僕が紹介するAirdropでは、秘密鍵要求タイプは排除していますのでご安心を。
 

貰えないこともある…?

 
ETHアドレスを送ったのにもらえないことがあるかもしれません。その時は運が悪かったと諦めましょう。皆さんがもらえていないという事は、紹介した僕ももらえていないという事なので安心(?)して下さい。笑
 
実際に2017年度Airdropだけで30万以上稼いでいる人も、もらえなくても一切気にせず数打ちゃ当たるの精神でAirdropに参加しまくっていたらしいです。
 
ETHアドレスが相手に知れるだけなので、大したデメリットもありません。
 
泣き寝入りをするのが嫌な方は、公式に問い合わせてみると貰えた事例もありますので突撃してみるのもありかもしれませんね。




【累計100部突破】続々売れてます!